看護師 就職 お祝い金

看護学生に戻りたいと思う事がある?

 看護学生の頃は学生なりにとても忙しくて大変な思いをしました。国家試験は思っていたより簡単ではありましたが、実習も試験勉強もいま同じようにできるかと言われたら、自信がないし、もうあんな苦労はしたくありません。
 看護学生の頃は実習では、必ず指導教官の指導のもとに何かをしたり、これをしても大丈夫とか、この方法ですればよい、ということを綿密に計画して、丁寧に実行することができたのは大きな安心感がありました。それが、看護師になると最初の頃こそ、指導する先輩にみてもらったりしますがすぐに自立とみなされていろいろな判断や実施も自分でしなければならなくなります。その中で苦労したり、特には怖い思いをしたり、もっと悪い時はインシデントに見舞われたりしながら、自分で仕事ができるように頑張っていかなければなりません。それがまず最初に大変なことかもしれません。
 人の命に関わることだし、一人でする仕事ではなく、日々いろいろなスタッフによって続いていくチームによる仕事なので、そういった意味で厳しいこともたくさんあります。でも、どこの業界にもいると思いますが、看護師の世界でもとっても素敵な看護師、仕事のできる看護師、信頼できる看護師などなどすばらしい人がたくさんいます。患者さんとの関わりがあるので、仕事というだけでなく人としてのあり方もとても問われる職種でもある看護師は、人として「こんな素敵な人になりたいな」と思える人、先輩も多いと思います。
 患者さんや家族との対応も大変だし、看護師同士の人間関係も大変なこともあるし、仕事自体もとてもハードですが、でもやっぱり看護師として働けるのは、学生よりずっとずっとやりがいも楽しさもあっていいものです。